HAL'S DIARY
オーナーのひとりごと。買付けの裏日記など。
きまぐれに更新しています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

戦時中のスポーツ用語の話
2017/09/22

家内の父方のファミリーでかつて法務大臣もやっていた事がある「唐沢俊樹」という人の簡単な伝記が出てきた。
読んでいたら面白いことがあった − 少し長い話だがご勘弁を。

2・26事件の後、大日本体育協会の副会長を押し付けられて、理事長の末広巌太郎と役員をやった。
さてシナ事変の後、柔剣道、弓道、銃剣術などは我が世の春。外来のスポーツは立つ瀬がなかった。
物動計画を握っているのが軍で、好ましからざるスポーツと睨まれたら用具資材の割り当てもない。野球など皮革類がもらずグローブ・ミットは元よりボールも作れない。バットもユニホームも履物すべてが窮屈になる。
テニスだって同様ゴムの割当てがない。
それで、二人でしょっちゅう陸軍省に行き資材入手の折衝を重ねた。
大東亜戦争に入ってからは野球、テニス、ゴルフはもとより陸上競技に至るまで戦力増強に関係のない運動競技すべての資材配給を停止する事態なった。
それで軍の「田中隆吉」兵務局長の所へ押しかけその不当を詰め寄ったり、時に下手に出たり交渉したが、頑として受け付けない。
2人は相談をして「局長は、柔剣道は国技だがスポーツは外来競技だからよくないと言われるが、それなら軍で使っている飛行機や大砲は、みな外来の物ではないか」と皮肉ると局長はちょっと返事に窮し「なるほど飛行機も大砲も元々外来に違いない、しかし、軍は使用に当たってその用語を全部日本語に直している。ただの一語だって英語などない」と反論してきた。
シメタと思い、二人はすかさず「ああそうでしたか、局長の言われるのはスポーツそのものが外来で悪いから資材をくれぬという事かと誤解しておりましたが、スポーツが悪いのではなく、英語を使うからまずいという事でしたか、としたら体協としても十分考えるから資材だけはご考慮に預かりたい」と食い下がり、とうとう局長も渋々ながら要請を受け入れてくれた。
そこですぐ、スポーツ団体代表者を集め、局長とのやり取りを説明し「この際、名を捨て実を取る以外に道はない。忍び難きを忍んでスポーツの実体を殺さず、その精神を生かすよう努力すべきではないか」と持ちかけたところ、予期した通り会議はハチの巣をつついたような大騒ぎ。
一部には私や末広博士の説得に素直に応じ「やむを得ない」と観念するものあったが、一部は強硬に反対し、どだい無茶な話じゃないか運動用語はもとより外来語であることに異論はないが、すでに立派に日本人にとけこんでいる今更これを純粋な日本語に訂正してみたところ「角を矯(た)めて牛を殺す」結果になるだけだ、と相手にならない。「甲論乙駁(こうろんおつばく)」に時を費やし, 帰一点に到達しない。
これ以上議論を重ねてもますます紛糾するばかりだと思い、「この程度で協議を打ち切ろう。出過ぎた提案をした事を恐縮に感じている。外来語廃止のことは思いとどまる旨、軍の方へ回答するわけだが、それによって明日から必要資材入手の道は完全に閉ざされる事は承知してもらいたい」と念を押した。
すると、今まで用語改正に反対し熱弁を振るっていた人々も蕭然としてしまった。
とどのつまり、この際軍のいう事は従うほかあるまいという事で話がきまり「各種の運動規則だけを改めて外来語を取り除いてくれたら実際には外来語を使用してもその責任は私どもが背負って諸君には決して迷惑を掛けない努力する」と言い納得してもらった。
外来語は少なくとも規則の上ではやってのけた。
それで、ベースボールを野球と訳したところ、ゴルフこそ野球がふさわしいと言い出した。
ではゴルフが野球ならと、ベースボールを直訳すると塁球になるが、それでは気分が出ないと反対が多い。
しからばゴルフは草球、と呼ぶことにしよう。野球は、アウトは「のけ」セーフは「よし」ストライクは「一本」などとのちに笑いのタネを残した。

大日本体協は干渉圧迫を被っていたのだが、大日本武徳会は完全に寵児で日本古来の武士道につながるものとして府県支部長は現職の警察部長が兼ねて隆々たるものだった。乗馬、射撃、銃剣は軍のお声がかりで泣く泣く武徳会に取られてしまった。ところがそれが功を奏したのか終戦を迎えて武徳会はその役員はすべてパージを食ってしまっが、体協の方は純粋スポーツ部門だけになっていたので、パージが素通りし、団体も解散を免れた。

給食の話で...
2017/09/21

なぜかは知らぬが、給食の話になってしまって終わった昨日の日記。

これに仲良しが反応して、メールを送ってくださった。
教育のことなど文が長かったし、私は教育には疎いので、教育のことはちょっと置いといて、給食の話をそのまま、掲載してしまおう。いいかな?

「学校(公立)ですが、アメリカ人が持ってくる昼食は、キャロットだけとかポテトチップスとかかなり雑なようです。
そして、面白いことに?、おやつ持参OK。
アメリカのほかの地域はわかりませんが、それを 聞いた時はビックリでした。
下の娘は当初はおやつが楽しみで学校へ行ったいたようなものでした。」

解説すると、お孫さんが父親の転勤に伴いニューヨーク近郊に住んでいて、現地の学校に通っているという事である。

いや、面白いなあ。
私も子供に戻ってこんな学校に行きたいなあ。
何を持っていっても別に恥ずかしくない。
今日はこれしかなかったんだから、または、子供が食べたいと言っているんだから、これで良いじゃないかと。

これぞ、横浜の主婦たちの狙い通りだったのかもしれないなあ、と思ったりもした。
「おやつ」OK、というのもイカスなあ。横浜市はこれもパクれよ!

そうしたら、ちょうど昨夜家に帰ってTVを付けたら、大磯の学校の給食が不潔で不味いと子供たちから顰蹙を買っていると言っていた。
一方、母親たちはなし崩し的に町が決めて給食になってしまって残念だと怒っている様子である。なんだか胡散臭い話だね、癒着・利権でなければ良いなあ.....。

給食はもともと、貧乏な子供の為の食事の提供であった。
私の子供時代の給食はまさにそれだった。弁当が持ってこれない子供がいたからでもあり、普通の私のような子供たちにとっても、牛乳瓶は出るは、食べたことのないメニューで、温かな食事がでて、持参していた弁当よりはるかに良い食事だったのだから。
だけれども、もはや学校単位で予算も付いて独自に料理を作っているわけでもない。
多分病院食のようなイメージしかない。
最早、貧しい子供のメンツを立てるために、全員が犠牲になる必要はない。
購買部を置いて、特別なコインで買えるとか、違った形の与え方があると思うのだ。

でもウチには子供がいないから、大したことは言えないなあ。

昨日の続きで
2017/09/20

「古い」という事。
日本人ほど新しいもの好きな国民も珍しい。
携帯電話も日本が先進国であったし、CDの浸透も日本が一番早かった。
しかし、アップルのスマホに関しては、遅れた感が拭えないが、それは置いといて。

その古いと言う事を嫌うのはなぜか、古いと言う事で人を馬鹿にするのはなぜか。
人を馬鹿にするときになぜ、古いという言葉を出すのか。

一番面白かったのは、テレビのビートたけしと阿川佐和子の司会の番組で、中学生の給食の話が出た。
いまだに弁当に固執する横浜市の主婦は頭がおかしいと言い出しそれは「古い」と言い放った教育関係のおばさんがいて、とても驚いた。

だって、私たち横浜で親をやっていた人間は、自分の子供の食事くらい、たとえピーナツバターのサンドイッチであっても自分で作ろうという、強い信念があったからである。
他人に我が子の食事を任せてなるものかという、それはアメリカの主婦たちの考えと近いものがあって、独立という観点からも考えられたことだから。
それを「不味くて冷たい給食」のどこが新しくて良い事だと、いったいどこから考えるのかと。

それを「古い」と一蹴したおばさんは、毎日あの給食を食べられるのか聞きたいなあ。と思ったのである。

いや、本当は違う意味で古い・新しいという話にするつもりだったが、方向が間違ったらしい。
まあ、いいや、今日はここまで。


昔中国にいた人と
2017/09/19

昔、中国にいた人と話をしていて、日本人ばかりで固まって住んでいた人はほとんどが中国語を話す事がなかったと。
そう言えば外国に住んでいた人もそんなような気がする。

ところが、子供のころから外国に住んでいた人の多くは、日本語を話せなくなった人がかなりの割合でいる。
中国の残留孤児の引き上げがあった時も日本語が話さない人が多かったように、記憶している。

ところが、ユダヤ人などはほとんどの人が4000年前のヘブライ語を話す事ができるという事を聞いて、オジサン考えてしまった。
中国人なども3世になっても必ず母国語を話せると。
日本人は一世でも忘れかかって、また2世などほとんど日本語を知らない。
ハワイなど多くの日本人が入植したのに、2世になると日本語ができる人がほとんどいない事に驚いたものだ。

きっと我々の脳は、新しい事に常に積極的で、新しいことに夢中になり、「古い」ことを捨てるようにできているのか。
まるで、それが我々に課せられた使命のように、。
テレビの討論なども見ていると、評論家 特に女性に多いが、相手をやっつける時に必ず、あなたは「古い」というフレーズが出てくる。

きっと日本人の脳の構造がちょっと前の何メガ程度のパソコンのように「書き換え」で「古い事柄」を消さないと容量が追い付かないのであろう。
するとユダヤ人とか中国人はまだハードディスクの空き領域がたくさんあるということかも知れないなあ。

我々が新しい言語をなかなか覚えないのも、今の言語を書き換えないための自衛手段なのかもしれない。

柳 宗悦の本
2017/09/17

本棚を少し空けないことには本が収まらない。
それで、少しずつ整理をしている。
ところがまた一冊手に取ると、面白そう。
柳 宗悦の本 「蒐集物語」
私の骨董狂いの父が本人に会ったとかで買っておいたもので、昭和30年の本。

私もコレクターだけに思わず、読みふけってしまう。
その中のコレクションの出会いの話。
一度目は韓国の骨董屋で見つけた物を取り置きをし、受け取りに行ったら店の親父がほかの客に売ってしまった後だった。
その物を友人の家で見てしまう。
それがまた今度は、アメリカの留学先の骨董店で見つけ、ついに入手する。
という話などは面白く、われわれと同じような、物との運命的な出会い等共感できるところが沢山ある。

しかしだ、蒐集の行為についての、自分はミュージアムを持っているから許されるが、素人がただ欲しくて集めるのは感心しないというあたりは、ちょっとがっかり。
何を言っているんだこの人は、そもそもミュージアムは収集の果てにあるものであって、最初は、欲しいから集めたのだ。
そこを否定したら博物館だって否定したって良いんだよ。

自分は金があったか、金づるを掴んだかして博物館を作りマスコミに取り上げられ、良い落としどころに収まった。
だから素人は金にあかして物を買ってはイカンと。

そもそも物は欲しいから買う!
どこが悪い、なんでも買えるものなのだから 買ってどこが悪い!
俺は「自分の博物館」を家に作っているんだ、と思っている人とどこが違う?
物は物!

下らない理論武装なんかしやがって、いい加減にしろ!
と怒って見たものの、どうと言う事はなかった。

ちょっと面白いことに、父のメモがあって「むねよし」と読むと書かれていた。
本人に会った時、間違えたらいけないと読み方を気にしていたのかしらん。

|

燃費
2017/09/15

ポルシェで出勤したら、そんな日に限って、大渋滞。
渋滞が続くと、私の車はGT3だからというわけでもないが、水温があっという間に100度近くに行ってしまう。
ハラハラして、ついに真夏に最高温度の暖房を入れることになる。
なんだかなあ。

今日は計器類のところに燃費を表示するところがあったのを思い出して、見てみたら、なんと、リッターあたり6.9kmだった。
これではイカンな。

スズキのスイフトにMTミッションがあったから、それを購入しようか考え中。
燃費がいいからと、ハイブリットはちょっとソソられないし。

芸能人の不倫
2017/09/13

芸能人の不倫など、勝手にしたら良かろう。当人の問題で、愛情にちょっかいを出すヤツは昔から「人の恋路を邪魔するヤツは犬に食われて死んじまえ」という通りである。
「無粋」とはこのことである。
「愛」に正義や規則を振りかざすヤツはつまらない。
マスコミもうちょっと何とかならんのかな? 
週間文春もね、他人の恋愛を追っかけているような記者もそんな仕事が空しくないか?
記事など作っていて恥ずかしくないのか?
自分の子供に、芸能人の浮気を追っかけて記事にしている等と言えるか?ま、そういう人間は言えるんだろうなあ。


法律などの味気ない規則より、人間の感情が優先するのだろう、フランスなどは大統領の女性問題でも取り上げない。
アメリカなどは大統領の性愛にまで国を挙げて大騒ぎしたこともあるから、あまり賢くもないし粋でもない。
しかし、日本のマスコミは、人にとって愛よりも戸籍が優先していてそれが正義だと。
性の解放などと言いながら実は、法律に縛られた家庭がいかに優先しているのが面白い。
いや、性の解放といったが、女のセックスがやり放題といっているわけではないので、間違わないように。
しかし、国民の考え方の違いって面白いね。

しかしだ、最近の日本の中年女性の考え方なのだが。
聞いた話だが、女性の実業家のグループがあって、そこの合言葉が「右手に金、左手に男」というのだそうだ、成功して金が手に入ったら、次は外に男を作るのだと。アジアで男を買っているのも日本の女ばかりだそうだ。

アラフォーと呼ばれ出した世代かららしいが、恋愛症候群は治らないんだね。
オジサン、聞いていて気持ちが悪くなってしまった。

それを思えば、最近浮気で有名になった女性議員たちもそんな意識なのかね。

車で仕事に
2017/09/12

電車通勤は疲れてしまうので、車で通勤してみた。
なんと燃費の悪い事かとおどろいた。
往復で2メモリも減ってしまう。
私の運転の仕方が悪いのかと、反省して、高速道路も80キロで走る。
一般道もアクセルを踏まないように、なるべく惰性で走ることにした。

燃費の悪い走り方をしていたとは、今までいかに、急アクセル、急ブレーキの悪い運転をしてきたか、よくわかる。
しかし、性格上左側を多くの車に抜かれながら走るということの経験がなかっただけに、最初は怒りを感じたものだが、最近は 我関せずでゆっくり走る。
幾分燃費が良くなったようだ。

これからも気を付けよう。というより燃費向上が趣味になった。


本棚の整理で
2017/09/11

昨日まで店を休みにして、何をしていたかというと、基本的に片付けである。
大型のスピーカーを持ち込んでしまったばかりに、従来部屋にあったソファはじめ多くの物が置けなくなり捨てた。
捨てれば不便で、また購入することになる。
ま、その前に片付けることである。
本棚の整理は最優先である、今日は「岩崎千明」の「オーディオ彷徨」が出てきた。
その中で、オーディオ評論家としての仕事が、「選択と説得技術」ということになると言っていた、そこまで、きちんと考えて、己を追いこんで」やっている先生は一体どれほどいるのだろうかと、考えてしまった。
簡単な言い方だけど奥は深い。
ジャズ評論家もしかりである。

流行や金目当ての便乗評論はいかんよ。

民進党の山尾議員
2017/09/10

山尾志桜里議員が一躍有名になったのは保育所が少ないから「日本 死ね」というツイッターをどこからか見つけてきて、これで国会の場に持ち込み人気になったという、ポピュリズムによる政治を行った人である。
それはまさに衆愚政治であるのだが、それがなぜか、党内で「待機児童問題での功績」と評価され、民進党においては「看板」となった。
たった2期の議員がついに幹事長の役職も目の前に。

しかし、イケメン弁護士との不倫疑惑報道により、地位を棒に振り離党届を提出。
なにしろ、浮気相手の倉持弁護士は蓮舫の二重国籍問題の弁護士だったというから、なにをかいわんや。
厄介な人と浮気せんでもよかったのに。

やっと開いた記者会見でも、男女の関係はないと強調し、それも記者の質問は一切無視。別にそれでよいと私は思うのだが、ちょっと引っかかるのは、普段は民進党は微に入り細に入り、安倍政権には、「説明責任を果たせ!」と言っている。
ならば、己もそうしないとね。
それだけの事。
あんたの浮気などどうでも良い。
ただ、「日本死ね」と国会で言ったからには、己もどうするのかと?

しかしながら、どうでもいいけど女性政治家の男関係も、芸能人出身の議員に続いてニュースでも騒がれる通り、何のために議員になったのか?
国民の税金だのなんだの、そんなことは私はどうでも良い。
それより仕事として、あるいは人生のやりがいとして、どう考えていたのか?
そこを問いたいのだ。

結局有名病で議員になったものの、一番好きなものは男だったのか?。
本当にだめだな、「心」がなっとらん。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

 Copyright 2013 HAL'S All right reserved. Initial up at 2001